医療の発展で、人間は長い気出来ます

医療の発展で、人間は長生きできる様になりました。
お薬や手術など、最前線の方法で、命をつなぎ留める事が出来る様になりました。
でも確かに、小さな子供や若者などは、輝かしい未来があります。
まだまだ無限に広がる可能性を秘めています。
短い命だと、もっと長生きすればよかったのにと誰もが悔やみ悲しむでしょう。
でも、大往生して長生きしているお年寄りの場合、果たして医療に頼って存命処置を取ったり、延命治療などを行う事が本当に本人の為なのだろうかと言う事は、その人個人の考え方になるのかも知れません。
命の一命は取り留めても、ずっと病院で寝たきりだったり、意識が無く、植物状態で息だけしている様な状態で命が助かったとしても、果たして本人は本当にうれしいのでしょうか。
本人の意識すらない場合、その人を看護師て看取る家族は、それを重荷に感じないのでしょうか。
色々と疑問点は出てきてしまいます。
生きると言う事は大切ですが、運命に従う事も大切な気がします。

ハウスクリーニングでゴミ問題解決

ウッドデッキでお庭を演出

虫歯予防にも最適です

エアコンからのぞく黒カビが咳の原因かもしれません

ラジオで学ぶソーシャルメディア

最新投稿